自分の歯を守るための予防歯科でセルフケアをしよう

今も将来も健康な歯を保つために

80歳で20本

まず予防歯科のメリットについてご説明いたします。 予防歯科を行うことにより早期発見、早期治療というメリットを得ることができます。歯科医院にてお口の中の検査を行うことにより病気などの悪化を防ぐことができます。また、予防歯科は全身の病気予防にも繋がります。

メリットについて

現在、日本では80歳で20本の歯を保つことを推奨しております。80歳で20本の歯を保つために今できることとはどのようなことがあるのでしょうか。

80歳で20本の歯を保つためには予防歯科は欠かせることができません。予防歯科とはプロケアという歯科医院にて定期的にケアを行う方法のことをいいます。またご自身にて日々ケアをされるセルフケアのことも予防歯科と呼びます。健康な歯を保ち続けるためにはこのプロケアとセルフケアをしっかりと行うことが大切になります。そしてプロケアとセルフケアを並行して行うことが理想的とされています。

でははじめにプロケアと呼ばれる歯科医院にて行われるケア内容についてご説明いたします。歯科医院にて行われる予防歯科のケア内容といたしましてはまず検査が挙げられます。この検査は口腔内検査やレントゲン検査などのことをいいます。検査を通して歯周病や虫歯がないかどうかを調べます。予防歯科で検査を行うことにより歯周病や虫歯などの早期発見に繋げることができます。
次にケア内容といたしましてスケーリングが挙げられます。スケーリングとは歯磨きなどでは落とせなかった歯垢や歯石を取り除く作業になります。次にフッ素塗布が挙げられます。フッ素塗布は高濃度のフッ素を歯に塗ることによって虫歯の予防などを行うというものになります。最後にブラッシング指導が挙げられます。ブラッシング指導ではみなさまが日頃から行っている歯磨きが正しいかどうかということをチェックしてもらいます。
以上のような内容が歯科医院にて行われる予防歯科医のケア内容になります。

大切になる歯磨き

ここからはセルフケアの予防歯科についてご説明いたします。セルフケアの予防歯科では歯磨きがまずは大切になります。 正しい歯磨きができていなければどれだけ磨いても効果はほとんどありません。日々の歯磨きが効果のある歯磨きとなるように正しい歯磨きのポイントを押さえましょう。

セルフケの種類

ここではセルフケアである「栄養バランスの良い食事」、「口腔内ストレッチ」についてご説明いたします。 栄養バランスの良い食事を行うことでも予防歯科となります。健康な歯を保ち続けるためには日頃から食べ物に含まれる栄養素にも気にしながら食事をすることが大切になります。

Topへ
戻る▲